ひとくち説法

「テレワーク」

「テレワーク」という言葉も耳に馴染んできました。

私もいつも以上にお寺にいる時間が増え、子どもたちと過ごす時間も以前より増えています。もちろんその中には楽しい事ばかりでなく、一緒に過ごす時間の増加に比例し、子どもを叱る回数も増えていきます。

ところが、少し意識して子どもの「我儘」や「言い訳の仕方」を聞いてみると、私の口癖や言い回しを自然と真似しているようなのです。「子どもを叱りながら、自分自身を叱っている」だんだんと不思議な感覚になっていきます。

日蓮大聖人のお言葉に「眉は近けれども見えず。自らの禍を知らず」とあります。

今般の報道でもよく感じる事ですが、私たちは自分自身の事は棚に上げ、ついつい他人の欠点ばかり指摘してしまいがちです。
しかし、私たちが他人の欠点を咎めるのは、実は自分自身にも同じような欠点があるからこそ気付くのかもしれません。

相手の粗探しをするのではなく、まずは自身の言動を振り返り、仏様のように穏やかな心で共に歩んでいきたいものです。