ひとくち説法

「無駄はない」

この季節になると、和菓子屋さんの店頭に並び始めるのが「桜餅」です。
関東では餅をクレープ状に成型し、あんを巻いた「長命寺(ちょうめいじ)」、関西では粒々の道明寺粉で作った餅であんを包んだ「道明寺(どうみょうじ)」が一般的です。
お餅の形は異なりますが、桜の葉っばが巻かれているということは共通していて、葉っばの存在自体は自然となっている桜餅。
そもそも、桜餅に葉っぱが巻かれるようになったもとをたどれば、1717年頃に江戸の向島にある長命寺の門番であった山本新六が、山本屋を創業して売り出したのが始まりとされ、桜の葉は落ち葉掃除で出た桜の葉を用いることを思い至ったからだと言います。
もとは墓参の人をもてなした手製の菓子だったものを花見の際に売ったら喜ばれたとの事。 当初、悩まされた桜の落ち葉が転じて美味しい和菓子となって生まれ変わり、300年たった現在も「伝統」として日本人に愛されているのです。
落ち葉ですら無駄としない考え方、この発想の豊かさこそ、今の日本人には必要なのかもしれません。
この桜餅に巻かれた桜の葉を「食べるか」、「食べないか」の論争は少し横に置いておいて、桜を見上げながら先人の知恵に舌鼓を打ってみるのもまた一興です。