ひとくち説法

豆まき

2月3日は節分です。

全国各地でも節分の催しが大々的に行われます。

みなさんのお宅でも、大きな声で「鬼は外~! 福は内~!」と豆を撒くと思います(鬼役の人は大変です…)

この節分に煎り大豆を撒くのには、魔の目を射る(まめをいる)という意味があるそうです。

魔物の目をふさいでしまえば、自分たちが見えないから安心という事でしょうか。

昔の人は智慧と想像力が豊かですね。

豆撒きには諸説ありますが、語呂が良いので私はこの説が一押しです!
平安時代に宮中で行われていた「追儺」(ついな)に始まったとされる節分の豆撒きですが

旧年の邪気や厄を払い、新しい年を迎えようとする人々の心は、令和の時代になっても変わらないものです。

みなさんも張り切って豆を撒きましょう!!