ひとくち説法

「米」

「米」

分解して「八」「十」「八」

「米」という字は「実るまでに八十八回もの手をかけるから」という意味が込められているとの説があります。

また「八」とは末広がりに通じ「たくさん」ということ。

つまり「米」にはたくさんの手がかかっているということをと同時に多くの稔りを祈る意味が込められているのでしょう。

また横棒「―」が母(大地)を、縦棒の「|」が父(苗)を表しており

大地の上がご先祖さま、下が子孫を表しているとの説もあります。

「米」という文字の中に広がる無限の世界。

そして、その真ん中にいる私。

たくさんの恩恵を受けて生きている私たちは、次の世代へと何を遺しますか?